• 平屋住宅

ワンちゃんとの暮らしを考えたこだわりの平屋

K様邸

敷地面積
344.95㎡(104.3坪)
延床面積
107.24㎡(32.4坪)

こだわりポイント

【外観】
シンプルに一種類のタイルで構成された、天然芝のドッグランと調和のとれた外観。

【ドッグラン】
K様が将来迎えるワンちゃんが自宅でも思い存分遊べるように、ドッグランを用意しました。
窓からでもドッグランへ出やすいようウッドデッキを設置。
また、ワンちゃんが誤って外に飛び出してしまわないように塀で囲っているため安心して遊ぶことができます。

【玄関収納】
玄関には大容量のシューズクローゼットを完備。
自動車修理の工具などを所有するご主人への配慮です。

【小上がり和室】
LDKに併設された小上がり和室。
仕切りがないため、LDKと一体感のある開放的な空間です。
小上がり和室の床下には収納を設置しました。

【LDK】
南側の大きな窓から入る自然光がLDK全体を照らすので、
電気をつけなくても非常に明るい空間です。


【ワンちゃん居住スペース】
将来邸には2匹のワンちゃんを迎える予定のK様。
室内飼いできるように2匹分の居住スペースを用意しました。
床は汚れにくいタイル張り仕様です。

【キッチン】
シンプルかつすっきりとした印象のキッチン。
奥様の使いやすさを考慮し、背面の吊戸棚をなくしたことで、圧迫感もなくスッキリとした空間です。
リビングからでもキッチンからでも洗面に行けるよう回遊できる動線になっています。

【脱衣室】
洗面室とは別に脱衣室を用意しました。
誰かがお風呂に入っていても、気兼ねなく洗面室をつかえるよう配慮しました。

【子供部屋】
2室ある子ども部屋にはそれぞれ備え付けの収納とカウンターを用意しました。
そのため、空間をより有効的に使用できます。
まだお子様が小さい現在では、ご主人の在宅ワークスペースとして使っています。

【クローゼット】
廊下からでも主寝室からでも利用することができるウォークスルータイプのクローゼットです。

お客様の声

【ご主人】
もともとは夫婦で賃貸マンションに住んでいましたが、
夫婦ともに犬好きだったこともあり、将来は戸建てのマイホームを建設することを想定していました。
数年経って生活が安定してきたタイミングで実際に動き始めました。

【奥様】
最初は建築会社を絞るためにSUUMOカウンターに行きました。
メンテナンス性やデザイン的に外壁はタイルが良かったので、タイルをよく扱っている会社で
なおかつ、私たちの予算に合致した建築会社を4社ほど紹介してもらいました。
その中にクレバリーホーム可児店さんがあったんです。

【ご主人】
一番大変だったのは土地探しかもしれないですね。
当初は私の実家の土地が空いていたので、そこに家を建てるつもりだったのですが、
市街化調整区域かつ、詳細は不明ですが土地改良区に指定されている土地だったようで、そこには建築できないということになったんです。
実家の近くには建てたいと思っていたので、候補となる建築会社には市街化調整区域に建設したい旨を伝えて相談していました。
各務原市は厳しいということもあり、ほとんどの建築会社は「専門的なことは行政書士に委託するので、こっちではやらない」と言っていたのですが、
クレバリーホーム可児店の浅野さんは、他の会社より知識や経験があり親身に相談に乗ってくれて、一番安心感がありました。
最終的には浅野さんの人柄でクレバリーホーム可児店さんに決めましたね。
浅野さんにもご協力いただいたおかげで無事希望の条件に合う土地が見つかって本当に良かったです。

【ご主人】
特にこだわったのは、将来的に飼う予定のワンちゃん2匹の居住スペースを用意してもらったことと
思い存分に庭で遊んでもらうために柵をつけたことですね。
子どもが小さいのでまだワンちゃんは飼えていませんが、
ドッグランで遊んだり、一緒に暮らすのが本当に楽しみです。

【奥様】
要望を満たしつつ、予算内に収まるように間取りを考えてもらえたので、
土地が決まってからは比較的スムーズに進んでいったと思います。
予算の都合で、食器棚は施主支給したのですが、
浅野さんの粋な計らいで収まりがよくなるように大工さんに作り付けにしてもらえました。
そういった細やかなところも気遣っていただけて本当に感謝です。

【ご主人】
浅野さんには引き渡し後もテレビの取り付けなどを手伝っていただきましたね。
他の会社がどうかはわからないですが、ここまでしてくれるところはないんじゃないかと思います。
何から何まで本当にありがとうございました。