コラム

【保存版】マイホームの住宅ローンを組む際に必要な書類・手続きまとめ

家づくりコラム
2022.08.04

こんにちは!岐阜県で外壁タイルの家をご提案している名稲建設/クレバリーホーム可児店です。
マイホームを建てるとなったとき、ほとんどの方が活用するのが住宅ローンです。住宅ローンに申し込む際には、いろいろな書類を準備する必要があり、実は結構大変。今日は、住宅ローンを組む際に知っておきたい手続きをまとめてみました。
注文住宅での家づくりを考えている方は、早めの準備でスムーズなマイホーム計画を進めましょう!

▶︎住宅ローンを組む際に必要な書類

住宅ローンには、ローンの事前審査(仮審査)本審査の2つの審査があります。
それぞれで必要な書類をまずはまとめてみました。

事前審査とは、住宅ローンに正式に申し込む前に、申込者の信用情報や返済能力等を最小限の情報から短期間で判断する審査の事です。物件の売買契約等を結ぶ前に申し込めるため、「住宅ローンを組めるかどうか」や「どのくらい借りることができるか」を契約前に確認することができます。

事前審査に必要な書類
・本人確認書類(運転免許証など)
・健康保険証
・収入証明書類(源泉徴収や確定申告書)
・返済中のローンがある場合は残高証明書
・購入しようとしている物件のパンフレットやチラシ、販売図面、物件概要書、価格表等の写し

住宅ローンの事前審査では、主に現在の収入と、車や教育ローンなど他のお借入れ状況に関する書類が必要となります。
意外と忘れがちなのが、返済中のローンに関する書類です。足りない書類があると事前審査にも時間がかかってしまいますので、きちんと確認しておきましょう。

事前審査に必要な書類は金融機関によって異なることがあります。そのため、事前に確認が必要です。

事前審査に通過したとなれば、正式な住宅ローンの申し込み手続きに進むことができます。ここからが、本審査といわれるものです。本審査の際には、銀行や提携している保証会社が一緒になって、提出された書類に基づいて詳しく審査を行います。本審査では物件の担保評価団体信用生命保険に加入できる健康状態であるかどうかも確認されるので、ご自身の健康状態をチェックしておきましょう。

本審査に必要な書類
・本人確認書類(運転免許証等)
・住民票
・実印
・実印に対応した印鑑証明書
・収入証明書類(源泉徴収や確定申告書)
・健康保険証など勤続年数確認用の書類
・売買契約書など購入不動産に関する書類

住宅ローンの本審査時には、事前審査で提出した書類に加えて印鑑証明書売買契約書などの不動産に関する書類が必要になります。
例えば不動産売買契約書や建築工事請負契約書、建築確認済証(建築届出書)などがそれにあたりますが、これは家を建てる住宅会社や不動産屋さんが用意するのでご安心を。

書類の中には「発行から3ヶ月以内」など、取得してから提出までの期間が設定されているものがあるので、注意が必要です。
本審査に必要な書類についても、金融機関によって異なることがありますので、事前に確認が必要です。

名稲建設/クレバリーホーム可児店でももちろん、しっかりとお申し込みの際に必要な書類を揃えさせていただいています。

▶︎団体信用生命保険(団信)の申し込みもお忘れなく!

また、加えてチェックしておきたいのが団体信用生命保険です。
フラット35を除き、ほとんどの金融機関では住宅ローンを組む際に団体信用生命保険への加入が必要です。

団体信用生命保険とは、お借入された方がもしも事故や病気で他界されたり働けなくなってしまったりした際に、住宅ローンの残高がゼロになる保険です。

住宅ローンは、返済期間が長期にわたるのが一般的で、返済の途中で借主本人が亡くなると、家族に返済の義務が残ります。大黒柱を失い、多額の住宅ローンが残れば、家族には大きな負担となりますが、家族に家を残すために団信という制度があります。
プランに関しては金融機関によっても異なりますので、気軽にご相談くださいね!