コラム

コラムカテゴリー

断熱性 ブローイング工法

小屋裏からの熱を防ぐ

ブローイング工法

 

夏場の小屋裏は熱が70℃近くにもなります。

天井をしっかり断熱しないと、

小屋裏の熱がそのまま部屋に伝わってしまい、

快適に過ごすことが出来ません。

 

この状態だと、エアコンも効きづらくて

光熱費も余計にかかってしまいます

天井の断熱にも工夫が必要です。

クレバリーホーム可児店では、

複雑に入り組んだ小屋裏でも

隙間なく充填し天井裏からの熱を防ぐ

ブローイング工法を採用。

ブローイング工法

断熱材を空気と一緒に雪のように吹き込む工法。

小屋裏などの複雑に入り組んだ空間などでも隙間なく

充填することができ、高い断熱効果を発揮します。

 

隙間のある施工がされていると、

その隙間から小屋裏の

熱が室内に伝わってしまいます。

 

隙間なく施工することができ、

高い断熱性能を実現できます

 

厚さ200mmもの断熱材

敷き詰めているから、

断熱性能が高く、

お部屋も快適になります。

 

クレバリーホーム可児店では、

2重の断熱対策で小屋裏の

熱を効果的にシャットアウトする

天井断熱材を採用しています。

屋根部分の断熱を抜け、

小屋裏に入った熱気は、

直接室内に伝わってしまいます

 

小屋裏の熱を外に排出。

残った熱も天井断熱でしっかりと断熱。

2重の対策が特徴です。

クレバリーホーム可児店では、

「小屋裏」と「天井断熱」

2重の断熱対策を採用!