コラム

コラムカテゴリー

耐久性 床下通気工法

湿気を防ぎ耐久性を高める

床下通気工法

床下は地面に近いので

湿気がこもりやすい場所です。

 

地面には多くの湿気が含まれているので、

地面に近い

床下の空気は非常に湿気がこもりやすい場所

となっています。

床下の湿気をそのままにしておくと

カビや腐朽菌が繁殖しシロアリの

被害を受けやすくなります

住まいを永く保つためには、

床下の湿気を効率よく喚起する必要があります。

クレバリーホーム可児店では、

基礎と土台の間に、

通気構造を備えたパッキンを敷き詰める

基礎パッキング工法を採用しています。

 

 

空気の流れにムラができ、

湿気がこもりやすい場所ができてしまいます。

基礎全周でムラなく換気できるため、

床下全体の湿気を排出できます。

 

クレバリーホーム可児店

基礎パッキング工法は、

従来の換気口方式に比べ

1.35倍の換気能力!

 

換気口の部分は強度が弱くなります。

開口部が無いので基礎強度を損ないません。

 

クレバリーホーム可児店の

換気口の無い基礎パッキング工法は、

強度の落ちる部分がなく、

基礎全体の強度を保ちます。

フラット35適合基準を大きく上回る430mmの

基礎高とすることで、

地面から上がる湿気から構造躯体を守ります。

防湿シートと150mm厚のベタ基礎仕様により、

地面からの湿気が床下空間に侵入するのも防ぎます